株式会社フジワーク

【受付】8:30〜17:30(土日祝除く) 03-6424-4511

 警備業務の種類と業務別アイテム

警備業法第1章第2条第1項で、以下のように分別されます。

1号警備(施設警備)

事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地などにおける盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務。

@ 空港内での手荷物検査業務。

A スーパー・デパートでの巡回業務・駐車場の管理業務。

■1号警備における主な装備品一覧

2号警備(雑踏警備)

人や車の往来する場所、又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等、事故の発生を警戒し、防止する業務。

@ イベント 会場(競馬場等の公営競技場やコンサート、花火大会等の催事会場など)の雑踏整理業務。

A 工事現場での交通誘導等の警備業務。

■2号警備における主な装備品一覧

3号警備(輸送警備)

運搬中の現金、有価証券、貴金属、美術品等に係る盗難等の事故の発生を警戒し防止する業務。

@ 原子力発電所などにおける核燃料物質や、放射性廃棄物の運搬業務。

A 銀行・コンビニエンスストアATMなどにおける現金輸送及び運搬業務。下記備品一覧に加え防弾、防刃ベストを着用する会社が多い。

■3号警備における主な装備品一覧 

4号警備(身辺警備)

人の身体に対する危害の発生を、その身辺において警戒し、防止する業務。

主に企業の重役の方などの身辺警備業務、いわゆるボディーガードです。
最近では一般個人の方のストーカー対策としての身辺警備業務も増加傾向にあります。
業務の特性上ほとんどの隊員がスーツを着用する為ユーザー対象になりにくい特徴があります。

■4号警備における主な装備品一覧

機械警備

1号警備のうち、警備業務用機械装置(防犯カメラ、センサー等)を使用して行う警備業務。

企業は勿論の事、一般家庭の防犯目的によるホームセキュリティが最近は有名です。
「5号警備」と呼ばれる事もあります。
機械設備に多額の費用がかかる為、大手資本のほぼ寡占市場となっているのが現状です。

■警備区分別業者割合

※警備業者が2つ以上の警備業務を実施している場合は、その警備業務ごと にそれぞれ1と計上している。

カテゴリー